今回はマーメイドステークス2020の最終予想を行っていきたいと思います!


b4f094bbd37e13880c6b186c0d00f950









牝馬限定戦+ハンデ戦と荒れる要素が満載のこの一戦。

それに加えて今年のマーメイドステークスはどうやら馬場が悪い中で行われそう。

近畿地方は既に梅雨入りしおり、天気予報によると土曜日の未明から日曜日の午前まで雨が降り続くよう

で、相当の雨量が降りそう☂

阪神競馬場はまだ開催二週目なので、基本的には多少の雨であっても先行~中団が有利だと考えたい。


それでは最終予想を見ていきましょう!




《最終予想》
◎こちら→
最強競馬ブログランキングへ

本命馬はハンデに恵まれたこの馬から!
約3か月振りのレースだった前走京都芝2400mの3勝クラス・烏丸ステークスを快勝👏
タイトな流れの中で道中は後方追走、直線では鮮やかに抜け出した。
馬体重に関しても14㎏増での出走でもまったく問題なく、今回への上積みを残したまま!
早い時計が出る馬場よりもやや時計がかかる馬場の方が好走はしやすいタイプのため、雨も大歓迎!
実際に稍重以上の馬場では(2.1.0.1)。
2000m戦での実績がないのでその点は心配だが、斤量が前走から2㎏軽い53㎏ならチャンスはあるとみて狙ってみる。


〇エアジーン

3走前に2勝クラスを勝ち、その後も3勝クラスで2,3着と非常に安定した走りを見せている。
前走の湾岸ステークスでは後の重賞馬キングオブコージと差のない競馬🐎
3歳時にはフローラSや紫苑Sも経験しており、元々素質を期待されていた馬。
2か月半ぶりのレースとはなるが、馬体重も順調に増えており、状態は申し分なさそう。
52㎏の軽ハンデを生かせば、重賞のここでも上位争いに加わってもおかしくはない。


▲レインホーロマンス

今回絶好の穴馬になりそうなのが斤量52㎏のこの馬。
今回人気になりそうなレッドアネモスには、2走前の中山牝馬Sで先着、4走前の愛知杯ではセンテリュオにも先着。
そんな中で今回これらの馬と比べて2~3㎏軽いのはどう考えても有利!
さらに梅雨入りで馬場が渋れば願ってもいない条件。
これまで重馬場で2着、3着、不良馬場で5着といずれも掲示板に載っている。血統的にも父ハービンジャーということで適性は間違いなくありそう。
牡馬混合では厳しいだろうが、牝馬限定戦のここなら十分に期待が持てる。


☆リュヌルージュ

3走前には約8か月ぶりのレースながら、格の違いを見せつけ2勝クラスを快勝。
その後格上挑戦で挑んだ中山牝馬Sでは人気薄ながら、フェアリーポルカの2着と波乱を演出。
前走の福島牝馬Sでは、外枠からすんなりと先行できなかったのが響き、8着に敗退と情状酌量の余地はある。
今回は1枠1番を引き当て、前走のようなことにはならないだろう。
阪神2000mでも好走歴があり、コース適性は高い。
斤量も前走から1㎏軽い53㎏。持ち前の先行力で粘りこんでほしい。


△ナルハヤ
 センテリュオ
 リープフラウミルヒ



《買い目》
単勝 ◎
馬連 ◎~〇▲☆
三連複 ◎~〇▲☆~印



最後までご覧いただきありがとうございました!