今回はマーメイドステークス2020の有力馬分析を行っていきたいと思います!





荒れる重賞としてお馴染みのこのレース。
直近5年の3連単の平均配当は驚異の19万円超え⚡
6週連続G1が終わりなんとなく燃え尽きた方もいると思いますが、宝塚記念の資金を作るためにも当てていきたいですね!




《有力馬分析》
■センテリュオ(福永)
images (62)

前走の大阪城Sでもそうだったが、最近は前半の行き脚がつかなくなっている。
G1でも前目で競馬ができていた馬が何故か後方からの競馬ばかりになってしまっている。
G3の牝馬限定戦なら後ろからのレースでも大丈夫だとは思うが、前目で勝負できない以上軸としては不向きだろう💦
常に人気先行タイプで人気以上に走ることが稀な馬券泣かせの馬🐎
3走前のエリ女並みに走れれば間違いなく勝ちきれる。
それでもハンデの55kgは若干見込まれた印象。


■サラキア(騎手未定)
images (63)

前走の福島牝馬Sは+12kgで過去最高の馬体重(460kg)。
レースは3コーナーでは手応え十分もそこからの伸びはイマイチ。
恐らく馬体重のせいで身体が絞りきれていなかったか。
上積みは今回期待できる。
ただ、2000m以上で(0.0.1.4)と距離適正に関しては疑問❓
関西圏のレース(0.2.0.7)もあまり強調できない。
馬券に絡んだ2回も世代限定戦のもので古馬になってからは1度も馬券に絡んでいない。
同週のエプソムCにも登録しており適性的には圧倒的にそっちだろう。


■エアジーン(川田)
images (64)

前走の湾岸Sでは目黒記念覇者のキングオブコージから0.6秒差の3着🥉
前目の決着の中唯一差してきていたので、位置取り次第ではもうちょっと際どい勝負になっていたかも。
初の関西圏でのレース+2200m以上での好成績が目立つので距離不足しれないが、前走から1kg減の52kgは魅力的。


■レッドアネモス(北村友)
images (65)

前走の福島牝馬Sは正直言ってめちゃくちゃな競馬🐎
前半出していこうとするもかかってしまい結局は後方からのレース。
かかってしまった事からも3角手前では既に手応えが怪しく、極めつけは大外ぶん回し。
実際に(7番手→10番手→10番手→11番手)という位置取り。
加えて−14kgの馬体重は明らかな調整失敗😣
それでも最後は6着まで追い上げており、鞍上強化の今回は巻き返しへ。
秋華賞以来の2000mが課題も血統的には問題のない範囲👏
ただ、馬場が渋るのは苦手な感じがする。


■サラス(松若)
images (66)

前走の新潟大賞典は道中後方2番手を追走。
最後の直線は内に外にフラフラと力を出し切っていたようには見えない。
時計的にはミドルペースではあったが完全に前残りの馬場であり、4角で14番手では厳しかった💧
昨年の勝ち馬であり連覇を期待されるが、斤量は51kgだった。
今年は3kg増の54kgと少し見込まれた感がある。
実際に前走は約1年ぶりのレースだったわけだが、馬体重が増減なしというところからも成長度合いには疑問が残る。
それでも過去にはスカーレットカラーと0.3秒差の競馬もできており、地力は確か。
更には阪神コース(2.1.1.0)、全4勝のうち3勝をあげる2000mも追い風🍃


■ナルハヤ(藤田菜)
images (67)

前走のパールS(3勝クラス)では好スタート、好ダッシュで楽に鼻を取り切るとスローペースの逃げに持ち込んだ。
4角でも手応えよく、勝ち切るかと思われたが、最後は惜しくも差しきられた
1着、3着馬が差し馬であったことからも一定の価値はある👏
今回は4kg減の斤量51kg。
最近は逃げなくても好走はしているが、ベストは逃げだろう。
牝馬にしては504kgと雄大な馬体の持ち主。
なので馬場が渋っても問題なく、稍重以上で(3.1.1.1)と梅雨時期のこのレース向き。
後は単純に相手関係次第だろう。


■リュヌルージュ(団野)
images (68)

前走の福島牝馬Sでは先団で上手く折り合いレースを進めていた。
4角手前で若干進路が狭くなる場面があったがそれほど致命的なものではなく、その後の伸びも乏しくなだれ込むだけだった。
今回前走比1kg減でどれだけ上位に迫れるか。
もうちょっとアドバンテージが欲しいところだろうが、(1.2.1.1)の得意な阪神コースでどれだけ埋め合わせができるだろうか。


■サトノガーネット(騎手未定)
images (69)

前走のヴィクトリアマイルではマイルのスピードについて行けずに前半は後方から。
前が止まらない馬場のため4角14番手ではジ・エンド💀
馬体重が−12kgだったことも響いた形。
距離延長は間違いなくプラス!
ただ、中日新聞杯を勝っているので、トップハンデの56kg。
勢いを失っている当馬にとっては厳しいだろう。


■サトノワルキューレ(幸)
images (70)

前走の大阪城Sは、スタート良く先団で流れにのるも、3コーナー手前では既にムチが入り手応えは怪しかった。
最後は全く追っておらず今回に向けてダメージはないだろう。
この馬も3歳時にフローラSを勝っているので斤量は据え置きの54kg。
9戦連続で掲示板にも載れていないリズムの悪さでは余程の上積みが感じられなければ狙うのは難しい。





マーメイドS注目馬→
最強競馬ブログランキングへ



最後までご覧いただきありがとうございました!