今回は鳴尾記念2020の最終予想を行っていきたいと思います。


_AC_SY445_





比較的中途半端な時期に行われるレースという事で荒れそうな気もするが意外と固い決着が続いているこのレース🏁
今年も上位人気馬が強く荒れる事は望めないので人気馬の順番当てゲームになるか。




■好追いきり馬
・ラヴズオンリーユー:しまい重点のラストだけ伸びす余力十分の仕上げ。足捌きも良く、鋭い伸びを披露。状態は万全。

・レッドガラン:全体時計はそこまでだが、ラストは上々の時計。一週前も好時計で力は出せる状態。

・アドマイヤジャスタ:時計と動きは申し分なく気持ちも乗っている感じがする。
好気配。




■最終予想

前走の新潟大賞典は内目の枠から道中で動けず、更にはスローペースが重なり全くといっていいほど力を出しきれずの6着。
2走前&3走前の内容を見る限り地味だが力を秘めていることは間違いない。
阪神コースも(4.0.0.2)と相性も抜群で外枠を引き当てた事からもスムーズなら巻き返す!


○ラヴズオンリーユー

デビューから無傷の4連勝でG1制覇を果たしたが、その後の流れがあまりも悪い。
昨年の秋の蹄の炎症から先日のヴィクトリアマイル7着まで長いスパンなのがとても気になる。
また新馬戦以来の牡馬との対戦というのも気になる点ではある。
とは言ってもG3で54kg、そして距離延長となるので格好はつけてくれるはず。


▲ドミナートゥス

脚部不安から1年以上の休養を経て復帰した今年2月の白富士ステークスでは11着に敗退。それでも続く福島民報杯では2着に好走。
この時のレースぶりには見どころがあった。
重賞は初挑戦だが、若くから活躍を期待をされてきた馬🐴
なによりも中6週でレースに挑めること自体が好材料で上位陣に一泡吹かせる可能性は十分。


☆エアウィンザー

阪神芝は(3.1.0.1)の好成績💡
唯一の馬券圏外も強力メンバーが揃った大阪杯の0.2秒差の5着。
その後は骨折などもあり思うような結果は出せていないが、少なくともサトノルークスよりかは買える存在。
一度使われたことで順調に良化していれば好勝負に持ち込める力は持っている。


△サトノフェイバー
 サトノルークス



《買い目》
単勝 ◎
馬連 ◎〜○▲☆
3連複 ◎〜○▲☆〜印


最後までご覧いただきありがとうございました!